1.10 大崎大会 前日記者会見 及部敬雄選手 #RSGT2019 #イッテンイチゼロ

ご意見・ご感想をお聞かせください!

2019年1月9、10、11日の日程で開催される『Regional Scrum Gathering Tokyo 2019 大崎大会』の前日記者会見が行われた。

■及部選手のコメント

「こんにちは!今年のRSGT2019では、昨年取り組んだ新卒研修を受けてくれた新卒の子たちと一緒に登壇します。この10人での試合は今回限りになると思います。

え?試合まで待てないって?皆さん、おわかりですよね?

トランキーロ!あっせんなよ!」

■質疑応答

―――今回は研修がテーマになるんでしょうか?

及部「すごくいい研修だったとか、そういう場をどう作ったとか、そういうのもすごく大事なことだと思います。そういう話を聞きたい人もいらっしゃるでしょう。

でもここはRSGTなんでね。いつもどおり現場・チームの話です。我々の現場に、皆様の現場に、どうやって活かしていくのかという試合になると思います。イデオロギーですね。」

―――Unlearnがキーワードになるんでしょうか?

及部「そうですね。Unlearnって言葉を知っている人も、はじめて聞いた人も、フレッシュな気持ちで純粋に試合を楽しんでほしいです。

きっと試合が終わったときには、皆様の心の中にUnlearnという言葉が残っていると思います。」

―――今回は10人タッグですが、どのような心境でしょうか

及部「正直なところ、自分にもどんなコラボレーションが生まれるのかわからない未知の部分がありますね。

もちろんしっかりと準備はしてきたので万全な状態ですが、当日その場でしか起きない何かがあるのがプロレスなんでね。全部受け切ってみせますよ。

だから自分が一番彼らがどんな試合をするのか楽しみにしています!」

―――最後にこの一戦に注目されている皆様に一言お願いします

「明日、大崎の会場にご来場予定の皆様!そしてインターネット越しに応援してくださっている皆様!

明日、大崎ブライトコアで、皆様が驚いて口が空いてしまうような、次の日から何か行動を起こしたくなるような、そんな元気と勇気が出る試合をお見せしましょう。

カブロン!」

学習する/Unlearnするチームへ ー 新卒研修とスクラムとモブプログラミング ー - Regional Scrum Gath
チームがうまくなるために、「学習」と向き合うことはとても大切です。私がこれまで関わってきたチームでも、アジャイル開発を通してチームがうまくなることに取り組み続けてきました

スポンサーリンク

ご意見・ご感想をお聞かせください!

フォロー・購読で最新情報をゲット!