サッカーからチームを学ぶ「チームをモデリングする ープロダクト開発におけるゲームモデルをつくるー」 #5000dai

チーム

レッツゴーデベロッパーZERO ONEで「チームをモデリングする ープロダクト開発におけるゲームモデルをつくるー」という講演をしました。

レッツゴーデベロッパーZERO ONE - connpass
connpassはイベントやIT勉強会の開催、さらに参加者の集客に便利です。コミュニティやグループの運営やイベントの検索、事前決済もできます。
スポンサーリンク

ゲームモデルとは

今回取り上げたゲームモデルとは、サッカー用語であり、共有のためのチームの設計図のことです。

現代サッカーは、戦術化とデータ化が進んでいてとても面白いです。

  • サッカーは世界で最も人気のあるスポーツ
  • チームに関する知見、研究、理論の宝庫
  • プロダクト開発との共通点が多い

という点から学べることがとても多いです。

ゲームモデルをはじめて知った時に、きっとこれはプロダクト開発に活かせるに違いないと思い、いろいろな本や文献を漁って、実際にチームでつくってみて、今回の講演に至りました。

中でもこの本はとても参考になりました。著者である脇さんは、高校のサッカー部の監督であり、未経験からサッカーを学び、ゲームモデルをつくり、それを広める活動をされています。ゲームモデルの作り方の説明だけでなく、どこにポイントがあるのか、どうやって伝えていくのかまで丁寧に書かれています。

資料

当日の資料です。

今回チームでつくったゲームモデル(主原則まで)は以下です。

プロダクト開発における4局面を、

  • 平常
  • ネガティブトランジション(平常→カオス)
  • カオス
  • ポジティブトランジション(カオス→平常)

と置いて考えてみたところ、とても手応えがありました。それぞれのトランジションにおける主原則は、チームごとの特色が表れるような気がします。

せっかくなのでもう少し時間を取ってチームのゲームモデルを作成し、公開したいなーと思っています。乞うご期待!

おすすめ

資料の中でおすすめしている本のリンクです。

月刊footballista (フットボリスタ) 2019年 05月号 [雑誌]
欧州発トレンドがJリーグにも上陸?戦術パラダイムシフトの根幹、ゲームモデルと...
タイトルとURLをコピーしました