サッカーからチームを学ぶ「チームをモデリングする ープロダクト開発におけるゲームモデルをつくるー」 #5000dai

チーム
スポンサーリンク

レッツゴーデベロッパーZERO ONEで「チームをモデリングする ープロダクト開発におけるゲームモデルをつくるー」という講演をしました。

レッツゴーデベロッパーZERO ONE (2019/09/14 13:00〜)
# 令和初のレッツゴーデベロッパー! 2011年の震災をきっかけに始まった「レッツゴーデベロッパー」 「共有と交流」をメインテーマに掲げ、東北と首都圏をはじめとした東北以外のエンジニアとの共有と交流を目的に開催してきました。 2019年は、新しい世代との共有と交流の場を0から1にすべく、令和元年に相応しいキャス...
スポンサーリンク

ゲームモデルとは

今回取り上げたゲームモデルとは、サッカー用語であり、共有のためのチームの設計図のことです。

現代サッカーは、戦術化とデータ化が進んでいてとても面白いです。

  • サッカーは世界で最も人気のあるスポーツ
  • チームに関する知見、研究、理論の宝庫
  • プロダクト開発との共通点が多い

という点から学べることがとても多いです。

ゲームモデルをはじめて知った時に、きっとこれはプロダクト開発に活かせるに違いないと思い、いろいろな本や文献を漁って、実際にチームでつくってみて、今回の講演に至りました。

中でもこの本はとても参考になりました。著者である脇さんは、高校のサッカー部の監督であり、未経験からサッカーを学び、ゲームモデルをつくり、それを広める活動をされています。ゲームモデルの作り方の説明だけでなく、どこにポイントがあるのか、どうやって伝えていくのかまで丁寧に書かれています。

資料

当日の資料です。

今回チームでつくったゲームモデル(主原則まで)は以下です。

プロダクト開発における4局面を、

  • 平常
  • ネガティブトランジション(平常→カオス)
  • カオス
  • ポジティブトランジション(カオス→平常)

と置いて考えてみたところ、とても手応えがありました。それぞれのトランジションにおける主原則は、チームごとの特色が表れるような気がします。

せっかくなのでもう少し時間を取ってチームのゲームモデルを作成し、公開したいなーと思っています。乞うご期待!

おすすめ

資料の中でおすすめしている本のリンクです。

月刊footballista (フットボリスタ) 2019年 05月号 [雑誌] | footballista | スポーツ | Kindleストア | Amazon
Amazonでfootballistaの{ProductTitle}。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
タイトルとURLをコピーしました