タスクボードの改善事例がたくさん詰まった「アジャイルコーチの道具箱 – 見える化実例集」を読んだ #見える化実例集

ご意見・ご感想をお聞かせください!

アジャイルコーチの道具箱 – 見える化実例集」を読んでみました。
leanpub.com

この本はタスクボードを中心とした見える化のTipsがひたすら紹介されている本です。
Tips集なので前から読んでいく必要もなく、気になったTipsを辞書感覚で見たり、気軽にパラパラめくって読むことができました。

読みながらツイートしていたので、臨場感あふれる感想を貼っておきます。

カンバンやタスクボードを使っているチームは、自分の現場でまわりを見渡してもかなり増えてきた印象があります。
f:id:TAKAKING22:20160416174520p:plain

僕はデジタルなツールよりもアナログなカンバンが大好きなので、チームのみんなにもチームで使うカンバンを好きになってもらいたくていろんな改造をしてきました。だから、読んでいて「これやってるよ!」というTipsも「これやってみよ!」っていうTipsもたくさんあって楽しく読むことができました。

とりあえずタスクボードを導入してみるだけでもいいと思いますが、チームの状況や抱えている問題に合わせてちょっとした工夫をするだけでよりチームにとって効果的な見える化ができます。

カンバンは本当に生き物でありナマモノで、正解はないし、銀の弾丸もないので、チームの数だけカンバンがあっていいと思います。最初からあれこれなんでも導入すると失敗するので、シンプルにはじめてチームの成長にあわせてカンバンを育てていくような意識だといいのかなと思ってます。

この本にはカンバンの育て方のヒントがたくさんつまっているので、自分のチームの課題にあったTipsがきっと見つかると思います。

※かつてこんな発表をしたこともありました。

電子書籍のみですが、お手軽な値段で手に入るので、暇つぶし感覚で読んでみるといいと思います。
leanpub.com

本の最後に自分の例を書くスペースがあるんだけど、この本を読んだ人が自分達のオリジナルTipsを共有する勉強会とかあったら面白そうだねー!!

スポンサーリンク

ご意見・ご感想をお聞かせください!

フォロー・購読で最新情報をゲット!